プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

フランツィスカーナー バー&グリル日本橋
ドイツビールとドイツワインの専門店です。
直輸入のプレミアムドイツ樽生ビールや、
日本では珍しいドイツワイン多数ご用意してます。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 19日・22日のスペシャルランチは…? | メイン | 23日・24日のスペシャルランチは…? »

2010年2月19日 (金)

幻のドイツビール紹介⑪【メンミンガー プレミアムピルスナー】

Grüß gott Allesun Ich bin JANEYhappy01
皆さんこんにちは!ジャニーですclover


激レアドイツビールフェア開催中sign03

数百もあるドイツの醸造所の中から、日本未入荷sign01の激レアボトルビールshineを、
3ヵ月に渡って、2週間ごとに3種類ずつ、計15種類をご提供いたしますhappy02heart04


さて、本日ご紹介するのがこちらdownwardleftdownwardleft


メンミンガー プレミアムピルスナー

当社社長の一番お気に入りbeershine
麦の甘味の後から、爽やかな苦味がやってきますsun
ピルスナーの中でもスッキリというよりは、旨味の強いタイプですねhappy01


ビールを飲む方であれば、一番よく耳にするでしょう『ピルスナー』shine
どんなビアスタイルかと申し上げますと、
チェコのピルゼン(プルゼニ)地方を発祥とするビールのスタイルで、淡色の下面発酵ビールbeer
ホップの苦味が特長的ですhappy01

なぜよく耳にするのかというと、
現在、世界中で醸造されているビールbeerの大半はピルスナースタイルだからなのですup

もちろん、日本でビールbeerといえばピルスナースタイルのビールを指すことがほとんどflair
大手ビール会社が醸造、販売するビールもほぼ全てがピルスナースタイルのビールだからなのですねwink

ま、一口にピルスナーと言っても、地方色が出ていて実はいろんな種類があるんですが…
それはまた、別の話で(笑)paper


ピルスナースタイルが定着するまでは、ビールは褐色・濃色で比較的重たいものがスタンダードでしたeye
そこへ、さっぱりとした味わいのピルスナーが登場happy02
さらに見た目がきれいな黄金色shine

更にこの頃、ガラス製品が身近になったことで、よりこの黄金色のビールが受け入れられるようになってゆきますhappy01
見た目も重視して飲むようになったのも、広まった要因とも言えるでしょうねhappy01

日本人には身近なビアスタイルですconfident
ぜひ、ジャーマンピルスナーを味わってみませんかsign02

数に限りがありますので、お急ぎくださいねrun


Alles Gutecherry
cloverジャニーclover

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/564975/28305407

幻のドイツビール紹介⑪【メンミンガー プレミアムピルスナー】を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フランツィスカーナーバー&グリル 日本橋東京駅店 のサービス一覧

フランツィスカーナーバー&グリル 日本橋東京駅店